クレジットカード現金化カード停止の可能性

クレジットカード現金化でカード利用停止は本当?

クレジットカード現金化の関連サイトを見ても利用停止のリスクやデメリットを謳っていますが、実際にそのようなリスクが存在するかと言いますと、答えは!

クレジットカード現金化は本当に利用停止になる事があります。

規約違反が実際にクレジットカード会社にバレるような事があれば、利用停止や一括返済を求められることになります。

何故現金化した事がわかってしまうのかというと、色々と調べ方はあるようなのですが、滞納者の信用情報の共有化や、購入リストのパターンや利用状況から100%ではありませんが、カード会社に把握されているようです。

カード利用停止や制限がかけられた場合

では実際にカード利用停止という状況になってしまい、一括返済を迫られた場合どうすれば良いのでしょうか?また、クレジットカードが利用停止になってしまった場合、利用停止が解除されるまでどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

クレジットカードの不正利用を疑われた場合、カード会社の誤解を解けばすぐに利用停止は解除されますが、実際に現金化したことがバレてしまいペナルティとして利用停止された場合、解除までにかかる時間はカード会社によってまったく異なります。

クレジットカード会社は、利用者に対して何か月の間カードを利用停止します。という決まりはありません。その為、利用停止がいつ解除されるのか明確にはわかりません。あまり厳しくないクレジットカード会社の場合、1週間後に解除や、次の支払いが終わった後に利用停止を解除してくれるカード会社もあります。

JCBやアメックスやダイナースなどは現金化に対してかなり厳しい対応を取っており、発覚したら即解約というケースもあります。強制解約になってしまった場合、キャッシング枠・ショッピング枠の残高の一括返済を求められることが多いので、残高が多い方は注意が必要です。

クレジットカード現金化が発覚してしまい、カードの利用停止された場合、カード会社にわざわざ電話して「いつ解除されるの?」「早く解除しろ!」と怒鳴ったり常識はずれな事をすると、相手も人ですから「このお客さんまったく反省してない。解除しても利用規約をまた無視する可能性が高い」と判断され、利用停止が解除されないこともあります。

 ただでさえ現金化していることで、印象が最悪なのに、わざわざ電話をかけてさらに印象を悪くするのは、解約のリスクを高めますのでご注意ください。 

まとめ

クレジットカードが利用停止になると、カード会社の加盟している信用情報機関に情報が伝わります。そうすると、同じ信用情報機関に加盟しているカード会社にも情報が伝わりますので、消費者に対する対応が厳しくなり、新規でクレジットカードを発行する時は審査がかなり厳しくなりますので審査が通らない場合がほとんどです。

利用停止になると、他のカードの審査・更新・利用条件などに悪影響を及ぼすこともありますので頭に入れておきましょう。

クレジットカード現金化は基本的に、自分から「現金化しています」とカード会社に言わない限り、現金化がバレる事はほとんどありません。

 なぜなら、カード会社は利用者が購入した商品をどのように使用するかチェックすることができないからです。カード利用者がブランド品を購入しても、それを使うのか、質屋に持って行って換金するかはわからないからです。ただし、換金率の高い商品を大量購入するなど、明らかに換金目的が疑われる買い方をすると警戒される可能性があります。 

クレジットカードが利用停止にならないようにするために、自分の知識で現金化するより、専門の現金化業者に依頼した方が、リスクは低くなりますし、手間暇かける必要がありません。しかし、専門の現金化業者に依頼した場合、手数料がかかってしまうので、デメリットの部分もあります。