高齢者の方もクレジットカード現金化の利用者が多い

クレジットカード現金化は高齢者(シニア)の方でも利用が出来るサービスになります。

そもそもクレジットカード現金化はクレジットカードさえ持っていれば、何歳でも利用することが出来るサービスなのです。

現時点で高齢者の割合は国民全体の約27%を占めてますので、高齢者のクレジットカード現金化の利用は今後増えて行くのではないでしょうか。

クレジットカードの保有率は高齢者が以外に多い

年代別保有率

JCBが2015年度に調査し発表

以外にも60代のクレジットカード保有率が一番割合が多いのがわかりますね。
60代の男性に関しては90%以上持っているみたいですね!

クレジットカードの更新の年齢は明確には決まっていないため、70代・80代まで更新して使い続ける事ができるというわけです。

クレジットカードの更新がストップするのはカード会社によってマチマチなので、明確にはわかりません。

ただ、高齢者の方は年金暮らししている方がほとんどなので、カードを使いすぎて支払いが滞ってしまうと利用停止や更新ストップにもなりかねませんので、注意が必要です。

高齢者の方が現金化する理由

高齢者がクレジットカード現金化を利用するのはどのような理由があるのでしょうか?

一番多い理由としてやはり年金受給の為、収入が低くなってしまい利用をしているって方が一番ではないでしょうか。

人それぞれ現金化を利用する理由があると思いますが。例えば年金生活なのに住宅ローンなど支払いしなくてはいけない方もいるでしょう。その他にも、

 病気やケガで医療費が毎月かかる 
 冠婚葬祭 
 生命保険・損害保険など 
  子供の為の出費 

などなど様々な理由が考えられます。

年金暮らし

高齢者がクレジットカード現金化する際の注意点

高齢者を狙った詐欺がある世の中なので、高齢の方がクレジットカード現金化をする場合に気を付けなくてはいけない点を説明させていただきます。

悪徳業者に引っかからない為に

これは年齢問わず悪徳業者に引っかからないのが第一条件です。

クレジットカード現金化の徳業者にあたってしまった場合に一番多いトラブルがホームページに記載されている還元率・換金率で現金化できなかったということです。

『参考記事』
クレジットカード現金化悪徳業者の存在
現金化業者5分で振込はウソ

基本的にどこのクレジットカード現金化業者もホームページには高い還元率で記載していて、申込みしたらその還元率と全く違った…と言うパターンがほとんどです。

そのようなトラブルを回避する方法は一つ!

それは、申込みする前に業者に電話して換金率など確認する方法しかありません。

しかし、私の経験上、90%以上の現金化業者は問い合わせ段階では明確な還元率などは教えてもらえません。

もし押しえてもらえたとしても、ホームページに記載されている還元率とは全く違う還元率で伝えられます。

なぜ表記されている還元率で出来ないかと言うと、いろいろな手数料がかかるからです。

『参考記事』
現金化業者に支払う手数料

それじゃ、最初から手数料や還元率を教えてくれる優良店はどんな業者なんだよ…って思うとおもいますのでお答えさせていただきますね。

それは実際に私が利用し、信頼のできる業者として紹介している現金化業者になります。

こちらの2社に関しては、問い合わせの段階で振込みされる金額まで明確に教えてもらえますので安心して利用することができますので参考にしてみてください。

現金化する金額は必ず返済できる金額にする

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用します。

キャッシングと違い、ショッピング枠は実績を積んでいるとかなり多くなります。

年会費無料のクレジットカードでも実績を積めば、限度額が150万円~200万円くらいになるクレジットカードも多く存在するので、

限度額が沢山あるからと言って、枠いっぱいまで現金化してしまうと支払いがものすごく大変になります。

その為、現金化する場合には返済計画もしっかりと立てた上で利用する事をおすすめいたします。

返済する際も、分割やリボ払いにしてしまうと金利がかかりせっかく手数料の安い現金化業者を見つけても意味がなくなってしまいますので注意しましょう。

『参考記事』
リボ払いの落とし穴

例えば若くてバリバリ仕事していれば収入もあるし、そこまで考えずに現金化するかたも沢山いるとは思いますが、年金暮らしの方が何も考えずに現金化したら最終的には支払いができなくなり、泣く泣く子供や親戚に頼まなくてはいけなくなった。なんて事も考えられますよ。