クレジットカード現金化は個人事業主でも可能?

個人事業主としてビジネスをされていると資金繰りのためにお金が必要になり、悩むことも多くなるでしょう。

充分な運転資金があれば問題ないのですが、ほとんど資金の用意がない状態から会社を立上げしたようなケースですと銀行のような金融機関から融資を受けている会社がほとんどの為、銀行に毎月返済をしながらビジネスを軌道に乗せようと頑張っている方も大勢いるのではないでしょうか。

資金繰りも会社経営が順調にいっている時は問題ありませんが、毎月良い状況ばかりとは限りませんね。売り上げが悪い月はどうしても現金が必要になる事もありますし、すぐにまとまった現金を用意しなくてはいけないという状況に追い込まれることも珍しくないでしょう。

資金調達の方法としてすぐに頭に思い浮かぶとしたら、銀行からの追加融資ですがこの不況な世の中、そう簡単に追加融資をしてくれるような銀行は滅多にありません。

景気の良かった時代なら銀行側から融資しますのでお願いします!と頭を下げてきたものですが、現在では利益がしっかりあり、返済能力のあるリスクがない会社ばかりをピックアップし融資しようとします。

また、銀行は数ある金融機関の中でも、もっとも審査が厳しく提出書類なども沢山あり、かなり長い時間がかかりますので、すぐにまとまった現金を作るのには不向きになります。

そんな時に即日、審査などなしですぐに現金を調達できるサービスがあります。それがクレジットカードの現金化になります。

いざという時はクレジットカード現金化

クレジットカード現金化サービスはインターネットで検索しすぐに申込みすることが可能です。現在ではスマートフォンなどから簡単に申込みできますので非常に便利なサービスです。

クレジットカードを持っている方は誰でも申込みできますし、もちろん個人事業主の方でも利用できますからいざという時の為に、クレジットカード現金化という方法もあるということを視野に入れておいても良いのではないでしょうか。

既に銀行から融資を受けていると返済が終わっていない為に追加融資を受けること自体が難しくなります。

 クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を利用して現金化業者の指定商品を購入し、業者に買取りしてもらうだけなので信用情報機関に情報が登録されることもありませんし、銀行などに現金化したことが知られてしまうこともありません。 

ほとんどの現金化業者は即日振込のサービスを提供していますから、例えば支払い当日などに急遽お金が必要になった場合でも1時間程度あれば指定口座に振込されますし、誰にも知られる事なく手続きができます。

まさに個人事業主の方にピッタリの資金調達方法なのではないでしょうか。

クレジットカード現金化業者に支払う手数料は?

クレジットカード現金化業者を使って手続きを行った際、現金化業者に支払う手数料が発生します。現金化業者の平均的な還元率は80%~85%と言われております。

例えば100,000円で申込みした場合
100,000×80%(手数料)=80,000(振込金額)
20,000円が現金化業者に支払う手数料になります。

 正直な所、手数料に関しては融資やカードローンの方がはるかに安いです。 ですが、急に資金が必要な場合や金融機関からの融資が下りるまでの繋ぎの資金調達として、クレジットカード現金化を一時的に利用する方法としてはおすすめする事ができます。

また、お持ちのクレジットカードを利用する為、審査などもなくショッピング利用可能額さえ残っていれば利用可能なのでメリットの一つと言えるでしょう。

資金調達に時間のゆとりのある場合や、他の方法で資金調達できる方にとってはクレジットカード現金化は手数料が高い為あまりオススメはしません。

また、法人カードでもクレジットカード現金化は可能になります。法人カードの場合、比較的利用可能額が多い為、まとまったお金を作るときには便利です。

個人事業主の方で、どうしてもすぐに現金が必要な時にはクレジットカードのショッピング枠を利用したクレジットカード現金化というサービスがあると言う事を、頭の片隅に入れといても良いのではないでしょうか。