クレジットカード現金化をスムーズに (事前準備)

初めてクレジットカード現金化業者に申込した場合、お金が入金されるまで(手続き完了)に通常1時間くらい時間がかかります。

初めての申込の場合には本人確認や指定商品の購入説明などがあるからです。初めて申込みする方はお金が振込されるまで気が気じゃないですよね!

今回はなるべくスムーズに現金化できるために事前に準備しておいた方がいい事をお話させていただきます。

クレジットカード利用可能額の確認

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用しておこないますので、利用できる可能額がなければ利用できません。

その為、現金化業者に申込する際に、今日現在利用できる可能額の確認が必要になります。確認方法は3つ方法があります。

・クレジットカード会社から送られて来る郵送の明細で確認

この確認方法はあまりオススメのできない確認方法になります。

理由としては郵送物の明細は利用してから1か月後くらいに届きますよね。

その1ヵ月間にもしクレジットカードを使用していた場合には郵送の明細に記載している利用可能額と実際に利用できる金額に誤差がうまれるので正確な金額がわかりません。

なので、郵送の明細で確認する方法はオススメできません。

・WEB上で確認

ここ最近ではインターネットの普及によりほとんどのカード会社はWEB上で何でも確認ができます。

利用明細や過去にいくら使ったかも細かくわかります。

WEBで利用可能額も確認することができますが、WEB明細はリアルタイムに利用可能額が反映するわけではありません。

中にはWEB明細に反映するのに1週間以上かかる場合もありますので注意が必要です。

・カード会社に電話で確認

カード会社に電話して確認する方法が一番正確な金額を確認することができます。

1円単位まで確認することができますし、カード会社はリアルタイムで可能額がわかるので一番おすすめの方法です。

迷惑メール設定の解除

クレジットカード現金化業者に申込みする場合、迷惑メールの設定を解除していないと業者とのやりとりができません。

その為、申込みする場合には必ず全てのメールが受け取れる設定をする必要があります。

特に、docomo・Softbank・auのアドレスを使用する場合はセキュリティーが高いので解消しないと届きません。

オススメできるメールアドレスはgmailやYahooメールです。この2つは設定などほとんどないので何も設定しなくてもメールが届きます。

身分証・カードの撮影

クレジットカード現金化業者に依頼した場合、不正利用防止のため本人確認があります。

どのように行うかと言うと、ほとんどの業者が身分証明書・クレジットカードを写メに撮ってメールで業者に送るのです。

身分証明書は運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・住基カード・保険証のどれかがあれば申込可能です。

ただし、引っ越ししたばかりで住所変更していなかったり、前に住んでいた住所のままの場合にはプラスで公共料金の明細などが必要になりますので、万が一変更していない場合には公共料金の用意をしていきましょう。

次にクレジットカードの撮影ですが、利用者の中にはクレジットカードの情報を撮影するのがイヤって人もいると思いますが、現金化業者も他人のカードや偽造カードなど使われたらリスクがあります。

その為、クレジットカード情報はどこの業者に依頼しても送らなくてはいけません。

ここで注意しなくてはいけないのが、現金化業者によってはカード情報を全て(セキュリティコードも)送らせる業者があります。

業者の特徴はキャッシュバック方式の現金化業者に多く見られ、指定商品を購入する時に業者側で利用者のカード情報を入力して決済作業を行うのです。

この方法を取っている業者は入金スピードが早いのですが、カード情報を全て教えなくてはいけないので利用者にかなりのリスクがありますのであまりオススメはできないでしょう。

ごく一部の優良店は、一部カード番号とセキュリティコードは隠して送らせるので利用者も安心して利用できると思います。