クレジットカード現金化を自分でやる方法

クレジットカードのショッピング枠を現金化するにあたって、業者に依頼はせずに自分で現金化をする事も可能です。

では、専門業者を利用した場合と、自分自身で現金化した場合のメリット・デメリットはどのような事があるのでしょうか?

管理人
この後詳しく解説させていただきます。

クレジットカード現金化を自身でやるには

現金化業者を利用する場合も自分で行う場合も、いずれにしろ何かしらの商品を購入して、それを手放して現金に変えるという流れは変わりません。

業者を利用する場合は指定商品を購入し現金に変えてもらいますが、自分で現金化する場合は自己判断で高く売れるものを購入して転売し現金に変えなくてはいけません。 

例えば、人気ブランドバックやプレミアの付いている商品を購入し、高価買取をしてくれる業者に持ち込み(質屋など)買取ってもらうといった流れになります。

自身で現金化する最大のメリット

自身で現金化する場合、自分で商品を選ぶため、選び方によっては可能な限り換金率を最大まで高めることもできます。

場合によっては購入した商品にプレミアがつき、相場価格より高く売ることもできます。

逆に購入した時の金額より増える可能性もあります。

 買取してくれるお店に頼らなくても大手のネットオークションに出品し、個人で売買する方法も還元率の高い転売方法の一つになります。 

自身で現金化するとカード停止になる危険性がある

まれに高換金率で得をする事もあるのが自分で行うクレジットカード現金化ですが、そもそもクレジットカード現金化のメリットとしてすぐに現金が欲しい!手続きなど手間をかけずに現金を手に入れたい!などメリットが失われてしまうのがデメリットな点になります。

自分で現金化する場合には換金率の高い商品を調べなくてはいけません。その次にその商品を買いに行く手間がかかります。その後に商品を買取してくれるお店を見つけなくてはいけません。

皆さん、この流れを想像しただけでもかなりの手間と時間がかかりますね。

プラス自分で現金化する場合には購入する商品に関してもですが、カードの利用停止にならないように気をつけなくてはいけません。

 カードの利用停止にならない為にも、換金率の良い商品を何度も購入しないことが鉄則です。 

カード会社もバカではありませんから何度も同じ商品を購入すると目視が入り、こいつ現金化目的で商品を購入しているな!!ってすぐにわかります。そうなると、クレジットカードに制限がかけられたり、一括返済を求められたり、最悪の場合には強制的に利用停止になる事もあります。

自身でクレジットカード現金化を行うことは可能ですが、手間と時間がかかる上にクレジットカードの利用停止になる可能性も高くなりますので、安全性を考えるならば専門業者に依頼することをおすすめいたします。

自身で現金化するより業者に依頼した方がメリットが多い

クレジットカード現金化業者を使うメリットとして

 ・すぐに現金が振込される 
 ・スマホやパソコンから簡単に申込み 
 ・審査がないのでクレジットカードを持っていれば誰でも申込み可能 
 ・24時間365日いつでも利用できる 
 ・いつでも同じ換金率で利用ができる 
 ・クレジットカードの利用停止のリスクが減る 

などが代表的なメリットになります。通常どこの業者も新規の申込みの場合40分位あれば自分の指定口座に入金されますし、業者の選び方にもよりますが80%~85%くらいで現金化してくれる業者もあります。借入審査のように厳しいことはなく、即日現金化してもらえるのがメリットになります。

現金化業者を使った場合にはデメリットもある

 ・現金化業者によって還元率などが異なる  
 ・まれに悪質な現金化業者に当たってしまう可能性がある 

クレジットカードのショッピング枠を現金化してくれる業者はインターネットで検索すると数100社出てきます。その為、還元率や手続きのやり方など各社で違ってきます。中には高い還元率でホームページに記載しているにもかかわらず、手数料などいろいろ引かれ、最終的に70%以下の還元率だった。なんて事もあります。その為、業者選びは慎重に行わなくてはなりません。

まとめ

自分でクレジットカード現金化を行うことは不可能ではありませんが、結果、手間と時間がかかり、プラスクレジットカードの利用停止のリスクまでありますので、自分でクレジットカード現金化するのは、おすすめ出来ないのがわかっていただけましたでしょうか?

現金化業者を利用することによって、すぐに現金化が必要な時でもすぐに対応していただけますし、何よりクレジットカードの利用停止のリスクが低くなりますのでクレジットカード現金化を行うときは現金化業者を使いましょう。