クレジットカード現金化ができない時は原因があります

クレジットカード現金化をしようと思って依頼したけど指定商品購入ができない場合があります。

いきなりだと焦りますよね!その様な時には必ず何かしらの原因があります。

その原因がわからないと現金化することができません。

今回はその原因と対処法についてお話させていただきます。

クレジットカードの利用可能額がない

クレジットカード現金化ができな人の一番の原因が利用可能額の確認をせずに、限度額以上の金額を使用したため、カードが切れなかったというのが一番の原因になります。

クレジットカードには限度額があり、限度額以上の利用はできないようになっています。

利用額の確認方法はWEBや直接カード会社に電話して確認することができます。カード会社に電話して確認する方法が一番正確な金額がわかるのでオススメです。

カード番号・有効期限・セキュリティコードの打ち間違え

クレジットカード現金化で商品を購入する場合、指定のサイトでカード情報を入力して決済をします。

その際、カード番号・有効期限・セキュリティコードの3点のどれか一つでも間違うと商品購入ができません。

その中でも一番間違えやすいのがセキュリティコードになります。AMEXカードのみ表面の4桁になります。

 

一時的にセキュリティがかかった

クレジットカード現金化する場合、ショッピング枠を利用して買い物するのですが、購入商品が高額になると安全のためにカード会社が一時的にセキュリティをかけることがあります。

不正利用防止の為でもあります。例えば普段から月に何千円しか利用しない人がいきなり数十万円の買物をすると、カード会社からすると何かあったのでは!?とフラグ??みたいなものが反応し決済を下ろさないようにします。

もし本人が購入しているのであればカード会社に電話しますよね。

しかし、不正利用だった場合、犯人はカード会社に電話することができません。

通常、セキュリティがかかった場合にはカード会社に電話し、本人が購入した事を伝えればセキュリティを解除することができます。

クレジットカードの有効期限切れ

クレジットカードには有効期限があり、有効期限が切れてしまったクレジットカードは利用する事ができません。

通常であれば、カード登録住所にカード会社から更新のお知らせが届きますが、確認せず捨ててしまうこともありますので注意しましょう。

03/18は2018年3月まで使えますよ!って意味になります。

 

支払を延滞してる

クレジットカード現金化をよく利用している人に多い原因の一つが、支払いを延滞しているためカードが利用できないことがあります。

延滞をしてしまうとそれなりの罰則があり、軽い場合は一回の利用が●万円までなど利用制限がかけられてしまうや、重い場合には支払いを全額するまで利用できない。

または、強制退会などがありますので絶対に延滞だけはしてはいけません。

クレジットカード現金化は利用方法によってはすごく便利な資金繰り方法ですが、使い方を誤ってしまうと支払いだけがどんどん増えてしまい、最終的に地獄を見ることもありますので、くれぐれも使いすぎには注意しましょう。