ダイナーズカードで現金化を考えている方

ダイナースカード特徴

アメリカンエキスプレスに続いて格式の高いクレジットカード!!それがダイナースクラブカードです。ダイナースカードの名前は知っているけど見たことがない方も多いのではないでしょうか。

なぜかと言うと理由がちゃんとあります。ダイナースカードは年齢が27歳以上の人しか作る事が出来ないからです。

アメリカンエキスプレスは18歳以上(学生を除く)でしたら作る事できるので、若い方でも持つことが可能になります。しかし、ダイナースカードは27歳にならないと申込する事も出来ない、言わば大人しか持つ事の出来ないクレジットカードなんです。

その為、名前は聞いたことはあるが実際はあまり見た事がない方がほとんどになります。今回はダイナースカードの気になる部分をピックアップしお話させていただきます。

年会費について

ダイナースクラブカードの年会費は22,000円(税抜)になります。家族カードをつくる場合はの年会費は5,000円(税抜)になります。

ですが、 ただいま新規入会キャンペーンで入会後3か月以内に30万円以上も利用、かつ3か月以内にレストランおすすめの特別コースが1名無料になるエグゼクティブダイニングご利用で、年会費相当の2万3760円キャッシュバックキャンペーンを行っています。 

この条件をクリアすると実質初年度の年会費が無料になるという事です。少しめんどくさい条件だとは思いますが、無料にしたい方はぜひ参考までに。

続いて、気になるダイナースクラブブラックカードの年会費

なんと年会費は130,000円(税抜)になります。

さすがダイナースのブラックカード!!一般庶民は確実に持つ事のできないクレジットカードになりますね。デザインも他社のブラックカードに比べ、高級感があります。

一生に一度はブラックカードを持ってみて、みんなに見せびらかしてみたいものですね(笑)

ポイントについて

ダイナースクラブカードのポイントは100円=1ポイントになります。ポイントの有効期限が無期限なので、ポイントの有効期限など気にすることなく好きなタイミングで利用ができるのが魅力の一つです。

そしてダイナースカードは貯まったポイントをマイルに交換すると、1000ポイント→1000マイルの高レートのマイルに交換することができますので、海外旅行などに頻繁に行かれる方にとってはうれしいサービスになりますね。

マイルに交換されない方は、ダイナースクラブ リワードプログラムにて沢山の商品の中から選ぶことができ、日用品・食べ物・旅館・ギフト券などと交換する事が可能になります。

品揃えもさすがダイナースクラブと思うくらい充実しているので欲しい商品がきっと見つかりますよ。

海外旅行保険について

『ダイナースクラブカード』

死亡・後遺障害:最高1億円
※死亡・後遺障害の利用付帯分:5,000万円
※死亡・後遺障害の自動付帯分:5,000万円
傷害治療費用:300万円
疾病治療費用:300万円
賠償責任:1億円
携行品損害:50万円
救援者費用:300万円

自動付帯分は、ご入会の翌日以降(会員資格が有効である期間中)に開始された旅行から3ヵ月を限度に補償します。

利用条件分は、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金をダイナースクラブカードで支払った場合に適用となります。

海外保険の内容もかなり充実してますので、ダイナースカードを1枚持っているだけで安心感が全然違いますね!!

 

ダイナースカードでクレジットカード現金化

ダイナーズカードを使ってクレジットカード現金化をする事は可能になりますが、現金化業者によって利用できない店舗も存在します。

私の経験上、アメックスカードが利用できない現金化業者は100%に近いくらいダイナーズカードも利用できません。

アメックスカード・ダイナースが使えない業者の特徴としてキャッシュバック方式の現金化業者が使えない傾向にあります。

では、どのような現金化業者ならダイナースカードを利用できるのでしょうか?

その答えはアマゾンギフト券Eメールタイプを買いとってくれる現金化業者になります。

 アマゾンギフト券Eメールタイプは直接Amazonのサイトで購入する為、VISAMASTERJCBアメックス・ダイナース全てのクレジットカードを使う事が可能なのです。 

しかもアマゾンギフト券Eメールタイプはクレジットカードでしか購入できない商品になるので、購入したからといって、なにかリスクがあることはありません。

ダイナースカードは個人事業主の方や会社経営者の方が多く持っているクレジットカードですが、例えば、一時的に資金繰りする場合などはクレジットカード現金化が一番手っ取り早い方法になります。

インターネットから申込して最短で30分くらいあれば指定口座に振込されます。しかもダイナースカードはショッピング枠の制限がない為、高額な現金化をすることも可能になります。

現金化業者を利用する際、必ず業者に支払う手数料が発生しますので申込みする前に現金化業者に電話し確認するようにしましょう。現金化業者の中には手数料が申込金額の30%以上取る業者も存在しますので注意が必要です。