クレジットカード現金化業者の悪徳業者はこんな手口をつかう

クレジットカード現金化悪徳業者
クレジットカード現金化悪徳業者

クレカ現金化悪徳業者の特徴

インターネットでクレジットカード現金化業者を検索するともの凄い数の現金化業者が存在します。中には悪徳業者も存在いたします。

悪徳業者に騙されない為にも優良店を見つける必要がありますが、その前に悪徳業者の特徴や見分け方、悪徳業者に騙された場合にどうなるのか説明させていただきます。

ホームページに記載されている還元率で現金化できない

クレジット現金化で最も大切な条件はなんと言っても換金率。

換金率がたとえ1%違うだけでも高額になればなるほどその重みはましますし、換金率が大きければ大きいほど手にする現金が多くなります。

利用者の方が業者のホームページを見てより高い換金率のところを選ぶのは自然なことですが、そこに落とし穴があります。

どの業者も換金率を95%以上と記載していますがもちろんその条件で現金化はできません。

万が一95%の換金率・還元率だとしても、消費税や決済手数料や購入先への手数料がかかり、最終的に70%~75%の換金率・還元率になる事がほとんど。

つまり高い換金率の業者はよく見えがちですが、それは甘い罠だと肝に銘じて業者選びをするようにしましょう。

現金化業者側でカード決済をする

ここ最近現金化業者に多く見られるのが、指定商品を購入する際に業者側でお客様のカード情報を入力し、決済作業をする現金化業者が増えています。

業者は利用者の方にカードが止まらないようにこちらで決済作業を行いますや、お客様に手間をかけさせないようにこちらで決済作業を行います。

このようにうまい事言ってきます!

しかし、冷静に考えたら危険な事が沢山あります。

まず、クレジットカードの情報をすべて渡すと言う事は、不正利用されたり最悪の場合カード情報を売られてしまうこともあります。

次に、第三者が他人クレジットカードを利用する行為はカード会社の契約違反になります。

自身のカードは家族でさえ使用してはいけません。

万が一発覚すれば利用停止や強制退会される恐れもありますのでこのような業者にあたってしまった場合には必ず断るようにしましょう。

途中でキャンセルした際にキャンセル料を請求される

通常優良店なら申し込みのキャンセルをしたいと伝えればスムーズにキャンセルすることができますが、

悪徳業者を利用した場合、キャンセルしたいと伝えると途中でキャンセルの場合にはキャンセル料がかかる。

と強い口調で言われ、怖くなり支払ってしまう被害が出ております。

このような被害を未然に防ぐためにも、キャンセル時にお金が発生するのかなど先に確認することをおすすめいたします。

お金が振込されない

クレジットカード現金化ではまず業者の指定商品をクレジット決済します。

その後に指定口座に振り込まれます。

しかし、クレジット決済は正常に終わったのに、 何時間たってもお金が振り込まれないことがあります。おかしいと思い業者に連絡しても、連絡が取れない!!そこで初めて騙された!と気づきます。 

そもそもクレジットカード現金化はカード会社の規約に違反してますので、現金化しようとして騙されたなんてカード会社に伝える事ができません。

カード決済は終わっているので、支払日には決済した分の請求が来て、泣く泣く支払って泣き寝入りする人も多いのです。

カード番号や個人情報が悪用される

クレジットカード現金化で皆さん不安に思うのが、 個人情報の漏えいです。 

悪徳業者に個人情報を悪用されてしまわないか心配になりますよね。

悪徳現金化業者がよく使う手口が、クレジットカードの両面の提出です。

クレジットカード現金化サービスについて理解していない人は、クレジットカードの両面を提出しないとサービスが利用できないと思ってしまう方がほとんどみたいです。

もし悪徳業者にクレジットカードの両面を取ったものを渡してしまうとどうなるのでしょうか?

カード番号・有効期限・セキュリティコード これらの情報がすべて知られてしまうこととなります。

インターネットでショッピングをしたことがある人なら知っていると思いますが、これらの情報があればカードが手元になくてもショッピングができてしまいます。

 優良店の場合カード提示があったとしても、カード番号の一部を隠して送ってもらっています。 

もし、現金化業者を使う際に、クレジットカードの両面を何も隠さずに提出を求められたら、その業者は使わないようにしましょう。

このように悪徳業者に騙されないためにも、しっかりとした優良店の現金化業者をみつけて申し込みするようにしましょう。